学内の方


■RefWorksを使うには

目次

1.RefWorksへのアクセス方法


登録後は下記からアクセスしてください。【学内から・学外から 共通】

新RefWorks
 https://refworks.proquest.com/
 ※アカウント作成には、東京大学のメールアドレスが必要です。
 ※従来のRefWorksのアカウントをお持ちの方は、新RefWorksへデータを移行できます。

現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ) 【2023.6.30停止予定:7.を参照下さい。
http://www.refworks.com/refworks
 ※新規アカウントは2022年10月末以降作成できなくなっております。新RefWorksをご利用ください。 

2.ユーザ登録

はじめて新RefWorksを利用する際は、個人アカウントの作成が必要です。
現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)のアカウントをお持ちの方は、新RefWorksへデータを移行できます。
スマートフォンからはご登録いただけません。パソコンからご登録ください(2020.11.30)。

  • 東京大学のメールアドレス(u-tokyo.ac.jp, ipmu.jp, icrn.jpを含むもの)を使用する場合
    (例:u-tokyo.ac.jpを含む→mail.u-tokyo.ac.jp,g.ecc.u-tokyo.ac.jpなど)
    • 学外からもアカウントの作成が可能です。
    • 新RefWorksにアクセスし、アカウントを作成してください。

 

  • 新RefWorksアカウント作成方法(東京大学のメールアドレスの場合)
  1. 新RefWorks にアクセス
  2. 「アカウントを作成する」をクリック。
  3. メールアドレスを入力し「チェック」ボタンをクリック。
  4.   [朗報です!RefWorksを以下でご利用いただけます:
      University of Tokyo.
     新規アカウントを作成するためにパスワードを入力してください。
    ]
    と表示されたら、パスワードを入力し「サインアップ」をクリック。
  5. 登録したアドレス宛に確認メールが送信される。メールの文面にある有効化リンクをクリック。
  6. クリックすると表示される設定画面で氏名・役職を入力。
    ※「お名前」は漢字で入力できます。
    ※「関連分野」は所属部局を選択してください。
    次にを押して終了をクリック。完了メールが届きます。
  7. 従来のRefWorksをご利用いただいていた場合には、新RefWorksへのデータ移行についての手順に沿って、新RefWorksへ移行。

[現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)]

  • [東京大学以外のメールアドレスを使用する場合]

 

  • アカウントについて
    • 1年以上RefWorksへのアクセスがない場合は、登録されているアカウントは削除される可能性があります。
    • RefWorksの個人契約プランは現在提供されておりません(2018.8.6)。
    • RefWorksに保存したデータは、定期的にバックアップを取ることをおすすめします。
  • 登録後のアクセス
    • 最初にユーザ登録をした後は、学外から直接アクセスしてご利用いただけます。
    • このページの上部、または一つ前のページや、定番データベースなどにリンクがあります。
      ※リンクをクリックしてアクセスし、登録したログイン名・パスワードを入力してログイン。

 

3.RefWorksの特徴

研究・教育・業務の様々な場面で、多様な使い方ができます。

  • RefWorksは日本語文献の管理が得意です。
  • 保存したデータはWeb上にあるので、ログインすればどこからでも参照できます。
  • 6500以上の参考文献スタイルに対応しています。
    • リストに必要な書式が無い場合・・・
      • literacy*lib.u-tokyo.ac.jp (*→@)まで投稿規程の URL をメールでお知らせください。版元への追加依頼が可能です
      • 既存のフォーマットを自分で編集し、新フォーマットとして保存することもできます。
  • RefWorksで作成した文献リストの共有は、共有する相手が、RefWorksユーザでなくても可能です。
    RefWorks契約機関に所属していない人に文献リストのURLを公開することもできますので、研究業績リストのWeb上での公開などにも使えます。

4.利用マニュアル

6.卒業後の利用について

卒業後もRefWorksを利用いただけるようになりました(2018.11.1)。東京大学がRefWorksを契約している期間は、在学中と同じサービスをご利用いただけます。

  • 在籍中にアカウントを作成している必要があります。
  • RefWorksログイン後の設定(またはプロフィール更新)画面から、卒業後に使用するメールアドレスに変更してください。また、ユーザータイプを「Alumni」へ変更してください。
  • 卒業後のRefWorksに関するお問い合わせは、ExLibris社 お問い合わせフォーム(https://supportcase.exlibrisgroup.com/s/refworks)へ。

7.現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)提供停止のお知らせ(2023/6/30実施)

(情報修正20220818)

 

RefWorksでは新RefWorks(青色のロゴ)と現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)の2つのバージョンがあります。
オレンジ色のロゴの従来のRefWorksについて、作成元より提供停止についてのお知らせがありました。

現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)のRefWorks提供停止予定日2023年6月30日(時間は未定)

2023年6月30日以降、現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)のアカウント自動的に無効化され、ご利用いただけなくなります。 (データは無効後120日間は保持されますが、期限を過ぎると削除されます。)2023年6月30日までに以下いずれかの方法にて新RefWorksへの移行をお願いいたします。
-------------------------------
①Soft Migration
各ユーザーが自分のアカウントを新RefWorksへ移行させることができます。
手順はこちらの資料の1ページ目をご参照ください。

②文献情報のエクスポート
既に新RefWorksのアカウントを作成しているユーザーの場合は、
現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)から文献情報をエクスポートして、ファイルを保存することができます。
現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)でのエクスポート手順は、こちらの資料の2~3ページ目をご参照ください。

または以下も参照ください。

  • 新RefWorksへのデータ移行について
    新RefWorksの提供が開始されました(2019.1.15)。新RefWorksでは、PDFファイルの取込、無制限のデータ容量、Google DocsやDropBoxとの連携、などの機能が利用できます。
    従来のRefWorksのアカウントをお持ちの方は、新RefWorksへデータを移行できます。  
    1.現行/従来のRefWorks(オレンジロゴ)にログイン。  
    2.画面上部の「Upgrade to the latest RefWorks version!」をクリック。    
     ※フォルダや添付資料も含めて新RefWorksへ移行します。    
     ※データ移行はデータ量等により時間がかかることがあるため、余裕をもって行ってください。    
     ※データ移行後に従来のRefWorksへ戻すことはできません(従来のRefWorksにログインして移行前のデータを見ることは可能)。  
    3.新RefWorksに、従来のRefWorksのメールアドレスとパスワードを入力しサインアップする。  
    4.フォームに必要事項を入力する。ガイダンス画面表示後に移行が始まる。