資料の特別利用(掲載・放映・出陳)

駒場図書館がインターネット上に公開するデジタル画像の利用

附属図書館「画像データ等の利用条件」ページに記載のあるデータベースで公開している画像は、申請不要です。画像データ等利用条件に関する案内をご確認の上、ご利用下さい(駒場図書館「画像データ等利用条件」)。

国文学研究資料館のデータベース(「館蔵和古書目録データベース」/「新日本古典籍総合データベース」)で公開している駒場図書館所蔵資料の画像も、申請不要です。駒場図書館の「画像データ等利用条件」に関する案内をご確認の上、ご利用下さい。

その他の画像は、画像公開サイトの案内(「利用条件」等)をご確認ください。


資料そのものや、複製物(当館指定業者に撮影を依頼したもの、利用者ご自身で複写・撮影したもの)の利用

以下の事前申請が必要です。
画像の使用料は発生しませんが、当館指定業者に撮影を依頼した場合は、撮影料金等をご負担いただきます。

1.利用目的
学術的目的に利用すること。

2.権利等の処理
・資料の特別利用にかかる諸権利(著作権、肖像権など)の処理を完了しておくこと。
・権利処理・許諾の確認は書面で行い、利用申請を受け付ける。
・利用の結果生ずる一切の責任は利用申請者が負うものとする。

3.申請に必要な書類等
(1)「特別利用許可願」 [記入例あり]
・利用が複数の種類(掲載、Web公開など)にかかる場合は、まとめて1枚の提出で可。
・申請者は、制作会社等ではなく出版権者とし、機関印を押印する(ただし自費出版の場合は著作権者と同一で可)。
(2)該当図版またはページの写し(コピー)
・資料のうち、特別利用を希望する該当図版またはページ。
(3)許可/不許可通知用封筒(送付宛名記入、切手貼付のこと)(直接受取りの場合不要)
(4)権利処理に関わる許諾文書
・著作権が切れているもの(古典籍等)は不要。
・肖像写真については肖像権にも注意すること。
(5)企画書
※許可願原本ご提出前に写しをPDFファイルとして、ページ末尾の問い合わせ先にメール添付で送付願います(word文書は受信できません)。当方で修正箇所の有無の確認後、押印済み許可願原本と上記の必要書類一式を郵送してください。

4.許可書発行
申請時の許可/不許可通知用封筒により、送付。直接受領も可。許可願受領後約1週間で発行。

5.資料の利用
・撮影を伴う利用の場合、撮影は当館指定業者による撮影を原則とするが、職員立会いを条件に当館内での自身撮影を許可する場合がある(「特別利用許可願」において要事前申請)。
・撮影申込または自身撮影のため来館する場合は、事前に当館図書館サービスチーム情報サービス担当(cill@lib.c.u-tokyo.ac.jp)と連絡を取り、確認を受けること。
・特別利用において事故が発生した際は、損害を賠償すること。

6.資料利用後について
・許可した目的以外の利用はしないこと。許可した目的以外に利用する場合は改めて申請すること。
・撮影したフィルム・画像データ等は当館に寄贈すること。また、撮影に係わる費用及びフィルム等から該当文献の複写に要する費用等は、申請者の負担とする。
・収録した図書・録画・CD-ROM等を1部(複数部の場合は1セット)当館に送付すること。
(許可番号を付与。送付先:東京大学駒場図書館図書館サービスチーム専門員)
・掲載等をした資料には、現物が「東京大学駒場図書館」所蔵資料であることを明記すること。
・デジタル化の場合、利用者に公開することについて予め了承したものとする。
・パネル展示の場合、展示物の使用状況を写した写真を当館に送付すること。


 

本件問い合わせ先

東京大学駒場図書館 図書館サービスチーム専門員
メール: komasen@lib.c.u-tokyo.ac.jp