学内の方


■Mendeleyを使うには

目次

1.Mendeleyへのアクセス方法

ユーザ登録をした後は、Web版、デスクトップ版(各種OS)からご利用ください。

【学内から・学外から Web版へのアクセス】
 http://www.mendeley.com/
 ※上記にアクセスし、メールアドレス・パスワードを入力してサインイン。

2.ユーザ登録

東京大学にご所属の学生・教職員の方は無料で機関版を利用できます。2024年度末まで(予定)。
はじめてMendeleyを利用する際は、画面上でユーザ登録(個人アカウントの作成)が必要です。

【ユーザ登録方法】
 1. http://www.mendeley.com/ にアクセス。
 2.「Create a free account」をクリック。
 3.画面にしたがって全ての項目を入力し「Finish」ボタンをクリック。
 4.自動的にデスクトップ版のインストールが始まる。
   (入力したメールアドレスがログイン名になります)

一定期間学内からアクセスがない場合には機関版ではなく、無料版に変更になります。
学内からアクセスできる環境にない場合には、こちら(更新用のリンク)を学外からクリックください。UtokyoAccount認証後のページが表示されるので、ログインを行ってください。Mendeleyの画面が表示された後は、なにがしか文献を検索をしてみたあと、その画面は閉じてください。
今度は、 http://www.mendeley.com/ にアクセスし、ユーザIDとPWでログインください→右肩のアカウント名をクリック→Settingsをクリック→Subscriptionをクリック→Expires onの日付が更新されていることを確認してください。

3.Mendeleyの特徴

「Mendeley」(メンデレー)は、Elsevier社の文献管理ツールです。Web版とデスクトップ版を併用します。

注意:2022年8月31日までで、Mendeley Desktopの新規ダウンロードを停止予定とのことです。Mendeley Desktopの既存ユーザーは、引き続きMendeley Desktopにサインインし、使用および同期することができ、新しいMendeley Reference Managerをインストール後、ご自身のペースで移行可能とのこと。Mendeley Desktopのダウンロード数減少のための措置とのこと。Mendeley Desktopについても、充分な告知の上、いずれかの段階で停止予定とのこと。
今後の情報にご留意くださいhttps://www.elsevier.com/ja-jp/solutions/mendeley

  • PDF形式のファイルをドラッグアンドドロップして、書誌事項を取り込むことができます(日本語や古いファイルは取り込めない場合があります)。
  • Web版とデスクトップ版を同期させて、いつでも最新の状態を保つことができます。
  • Web版では、関連するおすすめ文献を見ることもできます。
  • Mendeley(Web版)で作成した文献リストは、Web上で共有することができます。共有する相手もMendeleyユーザである必要があります(機関版グループ外のアカウントも参加可能)。

4.マニュアル

6.卒業後の利用について

東京大学の機関版を利用している場合は、卒業等で所属しなくなってから一定の猶予期間後に無料版に切り替わります。切り替わる前に、Web上のデータ容量やPrivateグループを整理する必要があります。
切替日までの猶予期間中に無料版にダウングレードするか、クレジットカード払いの個人有料版に移行するかを選択できます。