学内の方


■利用者登録をして利用する

一部のデータベースでは、利用者登録をすることで、EZproxyを経由しなくても直接データベースを利用できる場合があります。
(利用者登録により利用できるどうか、登録方法の詳細は、各データベースの詳細画面をご確認ください。)
以下に代表的な例を挙げます。

目次

Elsevierグループの場合
 

Elsevierグループのデータベースは、共通のIDとパスワードとなります。
いずれかのデータベースで利用者登録した後は、他のデータベースにも同じIDとパスワードで学外からご利用になれます。
(Mendeleyを機関版で利用するには、一度でも学内からアクセスする必要があります)

  • Scopus

  電子メールアドレスのドメイン名によるリモートアクセスが可能です。
(Self-Managed Remote Access)
 東大ドメイン情報を持つメールアドレスよりリモートアクセスの登録を行うことができます。

 登録マニュアル を参照し、登録作業をおこなってください。
 →学外からでも東大ドメイン情報を持つメールアドレスを入力すると登録可能です。
 登録画面でユーザ登録を行います。完了画面が表示されましたら、登録完了です。

  • Science Direct

   上記の手順で登録後は、附属図書館データベース一覧で、Science Directと検索、
 右上のSign inをクリック、1で登録した電子メールアドレス、パスワードで学外からアクセス可能です。

  • Engineering village

  上記の手順で登録後は、附属図書館データベース一覧で、Engineering villageと検索、
    右上のSign inをクリック、1で登録した電子メールアドレス、パスワードで学外からアクセス可能です。

  • SciVal
    上記の手順で登録後は、附属図書館データベース一覧で、Scivalと検索、
    右上のSign inをクリック、1で登録した電子メールアドレス、パスワードで学外からアクセス可能です。
     
  • Mendeley

  【ユーザ登録方法】
    1.http://www.mendeley.com/ にアクセス。
    2.「Create a free account」をクリック。
    3.画面にしたがって全ての項目を入力し「Finish」ボタンをクリック。
    4.自動的にデスクトップ版のインストールが始まる。
   (入力したメールアドレスがログイン名になります)
      学内からMendeleyにログインすると、自動的に機関版になります。

Web of Scienceの場合

学外から利用するには、あらかじめ以下の手続きが必要です。

  • ユーザ登録を行うこと
    InCites Benchmarking、Journal Citation Reports (JCR)も同様です 
  • 学内から該当ツールに1度でもサインインをすること
    • 各ツールごとに別々にサインインが必要です。
    • サインインをすることで、半年間学外からサインインでご利用いただけます。

メディカルオンラインの場合

  • 「Myページ」でメールアドレス等を登録する。
  • 学外ネットワークから「リモートログインはこちらへ」でログインする。(「会員ログイン」では不可)
  • 定期的に学内ネットワークからログインする。

詳しくはこちらの医学部図書館のページをご覧ください。