学内の方


■EZproxy(イージープロキシ)経由で利用する

目次

EZproxy(イージープロキシ)とは

EZproxy(イージープロキシ)とは、東京大学が契約している電子リソース(データベース、電子ジャーナル、電子ブック)を学外から利用するためのサービスです。

サービス対象:東京大学の所属者
教職員の方は、UTokyo Portal 便利帳の案内ページもご参照ください。
(教職員のみアクセス可。UTokyo Accountでログインしてご覧ください。)

 

以下の手順と注意事項を最初にお読みください。

サインイン

  • EZproxyを利用するにはUTokyo Accountが必要です。
  • UTokyo Accountについては、以下のページを参照してください。
    https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/dics/ja/account.html
  • EZproxyでは、UTokyo Accountの登録データ内容によって利用可否が判定されます。データベースや電子ジャーナル・電子ブックのサイトにアクセスした際に、利用可否の判定がなされ、利用できない場合には、利用できない旨のメッセージが表示されます。

    例1:エラーメッセージ
    エラーメッセージ
    例2:エラーメッセージ
    エラーメッセージ
  • SSL-VPN Gatewayサービス/認証GWサービスに入っている状態で、EZproxyを利用しようとしないでください。​​​​​​

 

共用端末を利用する場合

セキュリティの観点から特別な注意が必要です。

  • UTokyo Account認証で、「サインインの状態を維持しますか?」と表示された場合は「いいえ」をクリックしてください。​

    • もし間違って「はい」をクリックした場合や、下記の画面が表示されない場合でも、他の人にアカウントを使われないようブラウザのキャッシュとCookieを削除してください。
      サインイン時の注意事項

 

 

サービス利用中

  • EZproxyのサービス中は、URLに「.utokyo.idm.oclc.org 」が含まれます。     
  • EZproxyを利用しているときに、DOIのURL形式表記がEZproxy経由のURLに書き換わってしまうことがあります​。
    本来のDOI URLは以下いずれかの文字列から始まります。
    https://doi.org/
    http://doi.org
    https://dx.doi.org/
    http://dx.doi.org/
    間違ってEZproxyによって書き換えられたDOIを論文の引用に使わないようにしてください。


サインアウト

  • サインアウトボタンはありません。終了時には必ずブラウザを完全に閉じてください。
    ブラウザ


*詳しい電子リソース利用上の注意については、電子リソース利用上の注意をご確認ください。

 

データベースを利用する

  1. 附属図書館データベース一覧で、利用したいデータベースを検索する。
     
  2. 検索結果の画面で「利用する(EZproxy)」をクリックする。
    検索結果
  3. UTokyo Account のサインイン画面が表示されるので、UTokyo Account(数字10ケタ)とパスワードを入力しサインインする。
    UTokyo Account ログイン

    すでに別のサービスでUTokyo Accountにサインインしている、または別のデータベースを利用後に、附属図書館データベース一覧で、利用したいデータベースを検索し、「利用する(EZproxy)」をクリックした場合には、サインイン画面は表示されません。
     
  4. データベースのトップページが表示される。
    • 利用できないデータベースの場合には、エラーメッセージが表示されます。
       
  5. データベースの利用を終了する際は、ブラウザを完全に閉じてEZproxyからサインアウトをする必要があります。

電子ジャーナル・電子ブックを利用する

E-Journal & E-book Portalから (注:東大OPACからについてはこちらを参照ください)
  1. 附属図書館データベース一覧からE-Journal & E-book Portalの詳細ページを開く。
     
  2. 「利用する(EZproxy)」をクリックする。
    検索結果
  3. UTokyo Account のサインイン画面が表示されるので、UTokyo Account(数字10ケタ)とパスワードを入力しサインインする。
    UTokyo Account ログイン
    • すでに別のサービスでUTokyo Accountにサインイン後、または別のデータベースを利用後に、附属図書館データベース一覧で、利用したいデータベースを検索し、「利用する(EZproxy)」をクリックした場合には、サインイン画面は表示されません。
  4. E-Journal & E-book Portalのトップページが表示される。
  5. 電子ジャーナル名・電子ブック名(論文名や著者名では検索できません)またはISSN / ISBNで検索する。
    または「出版社サイトから探す」からプラットフォーム名を探してクリックSSL-VPN Gatewayサービス/認証GWサービスで「対象データベース一覧」から利用されていた方にはお勧めの方法です)。
  6. 電子ジャーナル・電子ブックがある場合には、緑のVia Off-Campus Access Serviceというアイコンが付いていることを確認する(緑のアイコンがない場合には、学外からは利用できません)。
  7. 緑のアイコンの左側にある出版社サイト名をクリックする。
  8. 電子ジャーナル・電子ブックのページが表示される。
    • 出版社サイトのトップページにしか遷移しない場合があります。その場合、出版社サイト内の検索窓で再度タイトルなどで検索してください。(All issuesなどから巻号で探す、という方法もあります。)
    • 利用できないサイトの場合には、エラーメッセージが表示されます。
  9. 電子ジャーナル・電子ブックサイトの利用を終了する際は、ブラウザを完全に閉じてEZproxyからサインアウトをする。

論文を利用する

TREEから
  1. 附属図書館データベース一覧からTREEの詳細ページを開く。
  2. 「利用する(EZproxy)」をクリックする。
  3. UTokyo Account のサインイン画面が表示されるので、UTokyo Account(数字10ケタ)とパスワードを入力しサインインする。
    • すでに別のサービスでUTokyo Accountにサインイン後、または別のデータベースを利用後に、附属図書館データベース一覧で、利用したいデータベースを検索し、「利用する(EZproxy)」をクリックした場合には、サインイン画面は表示されません。
  4. TREEのトップページが表示される。
  5. 検索窓で、論文名(雑誌名との組み合わせ検索も可)などで検索する。
  6. 利用したい論文にオンラインのマークが付いていること、緑のアイコンがあることを確認し、タイトルをクリックする。
  7. 出版社サイトの該当論文ページが表示される。
    • 利用できないデータベースの場合には、エラーメッセージが表示されます。
  8. 出版社サイトやTREEの利用を終了する際は、ブラウザを完全に閉じてEZproxyからサインアウトをする。

お問い合わせ

Askサービス

  • データベース、電子ジャーナル・電子ブックの利用方法に関すること

 

UTokyo Account

  • UTokyo Account自体について