保存書庫資料

※こちらは「保存書庫資料」(和漢古書以外)の利用方法です。「保存書庫資料(和漢古書)」の利用方法はこちらをご確認ください。

サービス時間

  • 平日 9:00-20:00(通常期) / 9:00-17:00(8月・3月)
    • 12:00-13:00は職員による資料の出納を休止します。
    • 出納はサービス終了10分前まで受け付けます。
  • 土・日・祝日 休止

     

利用資格

  館内閲覧 複写 入庫 館外貸出
本学学部生(聴講生、研究生等を含む)
本学大学院生・研究員
本学職員
本学教員
本学名誉教授
本学元教員
卒業生・修了生 × ×
一般の方 × ×
総合図書館特別利用証をお持ちの方

 

入庫

  • 入庫資格のある方は、ICカード学生証・職員証・名誉教授の証または「東京大学附属図書館利用証」をご用意のうえ保存書庫カウンターまでお越しください。
  • 保存書庫内には手荷物を持ち込むことができません。入口にあるコインロッカー(コインは返却されます)をご利用ください。

出納

  • 入庫資格のない方は、保存書庫カウンター備付の館内閲覧用紙に、資料名と請求記号を記入してください。職員が出納を行います。
  • OPACの配架場所が「総合図・保存庫(要申込)」「総合図・コレクション室(要申込)」の資料については、入庫資格のある方も職員に出納をお申し込みください。
    • 「総合図・コレクション室(要申込)」の資料の出納時間は9:00-12:00, 13:00-16:50です。

閲覧

  • 資料は所定の閲覧席で閲覧していただくことができます。
  • コレクション室資料の閲覧可能時間は平日9:00-17:00です。

貸出

保存書庫資料の貸出は保存書庫カウンターでのみ行います。
自動貸出機や総合カウンター、受付では貸出処理ができませんので、ご注意ください。

    一般貸出
※貸出冊数は保存書庫資料(和漢古書)と合算
アジア研究図書館資料貸出
身分

学部生
職員
元教員

3冊・14日間・貸出延長2回まで
(製本雑誌は7日間・貸出延長1回まで)
20冊・30日間・貸出延長2回まで
※貸出可能冊数は自動書庫資料(アジア研究図書館)と合算

大学院生
非常勤教員
研究員

50冊・30日間・貸出延長5回まで
※貸出可能冊数は自動書庫資料(アジア研究図書館)と合算

常勤教員
名誉教授

20冊・30日間・貸出延長1回まで
(うち製本雑誌は3冊・7日間)

※期限日が休館日に当たるときは、次の開館日が期限日となります。
※当日貸出は5冊まで可能です(貸出可能者のみ)。

貸出延長

  • 貸出期間を延長するには、以下の条件すべてを満たしている必要があります。
    • 資料に予約が入っていない。
    • 他の資料も含めて返却期限を過ぎていない。
    • 延滞による罰則期間中ではない。
    • 当日貸出ではない。
  • 以下のいずれかの方法で延長してください。
    • MyOPACで手続きを行う。
    • 保存書庫カウンターへ資料と図書館利用証を持参する。
    • バーコードがついた黄緑色のスリップを貸出時に挟まれた保存書庫資料は、MyOPACで延長できないため、ウェブフォームによる延長手続きを受け付けます。返却期限日の午後4時までに以下の内容を「お問合せフォーム」よりご連絡ください。
      • お問い合わせ内容:「貸出期間の延長希望」の旨を記載の上、以下の項目をお知らせください。
        • 氏名(フリガナ)
        • 利用者コード(利用証右下の数字下10ケタ)
        • 資料のタイトル・巻号
        • 請求記号
      • 「お問合せフォーム」はこちら

予約

貸出中の資料に対して、保存書庫資料と保存書庫資料(和漢古書)を合わせて3冊まで予約ができます。
以下のいずれかの方法でお申し込みください。

  • MyOPACにログインした状態で目的の図書をOPACで検索し「予約/取寄」ボタンをクリックする。
  • OPACに表示されない資料は、保存書庫カウンターでお申し込みください。
  • 予約した資料が利用できる状態になったら、メールまたは電話(申込時に選択)でご連絡差し上げます。

返却

  • 保存書庫資料の返却先は、以下の通りです。
    • 保存書庫カウンターのサービス時間内:保存書庫カウンター
    • 保存書庫カウンターのサービス時間外:受付カウンター
    • 1900年以降に刊行された資料は、学内のどの図書館・室でも返却することができます。
      ※ブックポストには返却できません。
  • 資料破損の危険があるため、ブックポスト返却箱への返却、並びに郵送での返却禁止です。上記の返却先を厳守してください。
  • 返却期限から延滞した場合は、以下の罰則がつきます。
    • 返却期限を過ぎた資料がある間は、新たな資料の貸出ができません。
    • 返却期限を過ぎてから資料を返却した場合は、返却した日から超過した日数分の期間だけ、新たな資料の貸出ができません。

複写

保存書庫の資料は古く破損しやすいものが多いため、複写には以下のように制約を設けております。資料保護のためご協力をお願いいたします。

  • 大型本、劣化が激しい資料、1900年以前に刊行された資料などは、利用者自身のコピー機による複写をお断りしています。
    複写が必要な場合には、当館委託業者による複写を受け付けます。保存書庫カウンターでお申し込みください。
  • 上記以外の資料は、ご自分で複写することができます。
  • 資料が上記のどちらに該当するかについては、職員が判断するので、必ず職員に確認してください。

撮影

  • 受付時間:平日9:00-12:00, 13:00-17:00
  • 1868年以前に出版された資料のみ撮影可能です。
  • 1日につき10カットまで撮影可能です。
  • 指定された場所で撮影してください。撮影時は職員が立ち会います。
  • 状態の悪い資料など、撮影をお断りする場合があります。
  • 事前申込は不要です。利用当日に保存書庫カウンターで手続きしてください。