利用条件:画像データ等の利用について

画像データ等の利用について

東京大学総合図書館が公開する、著作権の保護対象ではない総合図書館所蔵資料の画像データ、それに関連するメタデータ等(以下「画像データ等」といいます。)の利用条件は、以下のとおりです。

  利用 申請
閲覧、印刷、ダウンロード、リンクの形成 OK 不要
複製、改変 OK 不要

非営利目的の二次利用(出版物やウェブサイトへの掲載 等)

OK 不要
商業目的の二次利用(出版物やウェブサイトへの掲載 等) OK 不要
所蔵機関名の明示
利用の際は、東京大学総合図書館の所蔵資料であることを明示してください。
(例)『資料名』(東京大学総合図書館所蔵)
データの改変を行った際の明示
画像データ等の改変を行った場合は、そのことを明示してください。改変した画像データ等を、あたかも当館が作成・公開したかのような公表は行わないでください。
(例)『資料名』(東京大学総合図書館所蔵)を改変

※この利用条件は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「CC BY」
(クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際ライセンス)
相当の条件です。
※画像データ等は無償で提供しています。利用料は発生しません。

所蔵機関名の明示及び改変を行った際の明示は、その画像データ等を参照した人、再利用したい方にとって参考となる情報と考えています。画像データ等を二次利用する場合は、この2点の対応をお願いします。
明示が難しい場合、明示方法が不明という場合は、以下の「お問い合わせ先」までご相談ください。

成果物提供のお願い

  • この画像データ等を利用して、図書や論文、資料などを作成された場合は、是非それを当館にご提供ください。
  • ご提供いただいた資料は、当館所蔵資料として利用に供する場合がありますので、予めご了承ください。
  • 提供が難しい場合は、利用実績を電子メールでご報告いただくだけでも結構です。
当館では、所蔵資料や作成したデータの活用促進などを目的に、当館が公開する画像データ等は特別な手続きを経ることなく自由に利用できるようにしました。
一方それは、利用実態が見えにくくなるということも意味します。
当館が公開した画像データ等がどのような形で活用されているかを知ることは、今後の資料デジタル化の参考にもなりますので、ご協力よろしくお願いします。

ご利用に際して

  • 東京大学総合図書館は、利用者が画像データ等を用いて行う一切の行為(データを編集・加工等した情報を利用することを含みます。)について何ら責任を負うものではありません。画像データ等の利用あるいは利用できなかったことにより損害が生じた場合も、当館は一切の責任を負いません。
  • IIIF対応で公開している資料については、画像データの解像度は公開されているものが最大です。画像データは、ご自身で各公開サイト(画像ビューワ)からダウンロードしてください。
  • 公開されている画像データ等は、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。
  • 公開されている画像データ等は、特に断りがない限り著作権保護期間が満了したものですが、著作者人格権や、プライバシーその他の人権等にご配慮のうえご利用ください。

 

  • この利用条件は、東京大学の図書館・室が公開する全ての画像データ等に適用されるわけではありません。
  1. 以下のページで、この利用条件の対象となる資料リストを掲載しています。
    画像データ等の利用条件について
  2. 総合図書館が、この利用条件と異なる条件で画像を公開する場合:公開サイト上でその旨を明示しますので、必ずその条件に沿ってご利用ください。
  3. 総合図書館以外の図書館・室が公開している画像について:東京大学には30の図書館・室があり、各図書館・室が公開している画像の利用条件はそれぞれ異なっています。画像を利用される際は、各公開サイトの案内をご確認ください。 

問い合わせ先

 

  • 画像データ等の利用に関して不明な点や質問があれば、問合せフォームからお問い合わせください。

(関連情報)