よくある質問

レファレンス

レファレンス

東京大学の授業内容を知りたい

発行年度によって資料や配置場所が異なります。

  • 最新年
    • 各学部・研究科のシラバスや「東京大学大学院学生便覧」が、総合図書館参考図書コーナーにあります。
  • 過去の年度

 

東京大学の歴史を調べたい

  1. 沿革史等
    総合図書館で所蔵する主な沿革史等は以下のとおりです。また、東京大学文書館の所蔵は、同室に問い合わせてください。
  2. 一覧(要覧)・年報
    『一覧』は1970(昭和45)年まで基本的に毎年発行されてきた、大学の全体像を捉えることができる資料です。一覧が発行されなかった年は、一覧をコンパクトにした『要覧』が発行されています。
    東京大学附属図書館で所蔵する主な一覧・要覧は以下のとおりです。また、国立国会図書館デジタルコレクションにおいて、大正期以前のものの多くが閲覧可能です。 「年報」は「一覧」と同じく東京大学を知る基本的資料です。年次報告の性格を持ち、月日を追って記録されています。
    • 東京大学~帝国大学~東京帝国大学
      • 東京大学年報』(Annual Report)復刻版
        • 明治6-13年、明治13-18年、明治19-25年、明治26-30年、明治18-20年、明治21-24年
  3. アルバム
    • 東京大学本郷キャンパスの百年』1988(昭和63)年/ 東京大学総合研究資料館特別展示実行委員会編
      • 本郷キャンパスを地形、植生、校舎、建築設計図などからとりあげている。
    • 東京大学:その百年』1960(昭和35)年/ 東京大学出版会編
      • 1960年当時のキャンパス・各部局の写真と共に、前史からの歴史的写真と資料を収める。
    • 東京大学:その百年』増補改訂版 1995(平成7)年/ 東京大学出版会編
      • 1995年当時のキャンパス・各部局の写真と共に、前史からの歴史的写真と資料を収める。
      • 収録写真は上記の初版(1960年)と異なるものも多い。
    • 年譜1877-1977-1997:東京大学創立120周年記念』1997(平成9)年/ 東京大学史史料室編
      • 創立百年にあたる1977年から1997年までを写真と年表で振り返り、1877年から1977年までの抄録を付す。
    • 嗚呼玉杯に花うけて:写真図説 第一高等学校八十年史』1972(昭和47)年
      • 一高の前身、東京英語学校・予備門・第一高等中学校等の写真図版を多く収録。
      • また夏目漱石等著名出身者の写真や資料、学生生活や運動部の写真と記録を収録。巻末に「寮歌」「高等教育史年表」あり。
    • 東京帝国大学法科大学卒業アルバム』1907(明治40)年
      • 当時のキャンパス、建物、教室内、学長以下教員、卒業生の写真を収める。
    • 東京帝国大学法科大学卒業アルバム』1932(昭和7)年
      • 上記明治40年卒業生が卒後25周年を記念して作成したアルバム。卒業生の現在の写真と卒業時の写真を収める。
    • 卒業記念帖』1912(明治45)年
      • 東京帝国大学法科大学 明治45年卒業生の卒業記念アルバム。
    • 東京大学の四季:師岡宏次写真集』1985(昭和60)年
      • 東京大学を写した個人による写真集。
  4. 雑誌等の刊行物
    • 帝国大学新聞』(帝国大学新聞社)
      • 1920(大正9)年~1944(昭和19)年
      • 学生新聞として創刊。以後、『東京大学新聞』へ
    • 学芸志林』(東京大學法學部, 東京大學理學部, 東京大學文學部編纂;報知社)
      • 明治10~18年
      • 欧米学術の紹介のほか、「東京大学毎月略報」を掲載。一覧の月刊版として学科新設、学生生徒等の速報を掲載。
    • 東洋学芸雑誌』(東洋学芸社)
      • 明治14~昭和5年
      • 科学知識の啓蒙のほか、学則改訂、入学式、卒業式、学生生徒の動向、人事などを報道。
    • 学士会月報』[1888~1964年] →『学士会会報』[1965年~]
      • 卒業生の動向、論説、人事、学位授与、入学式、卒業式、帝大図書館図書受領等を掲載。
    • 東京大学広報委員会資料』(東京大学広報委員会) [1968~1969年] →『学内広報』(東京大学広報委員会) [1969年~]
      • 東京大学の現況を伝える性格の広報であるが、歴史を伝える以下のような特集もある。
        • No.362(1977.4.12)東京大学創立百周年記念特集号
        • No.857(1990.4.18)大講堂(安田講堂)改修記念特集号
      • 2001年よりWeb上でPDFを公開→学内広報のページ
    • 東京大学史紀要』(東京大学百年史編集室)[1978~2016年] →『東京大学文書館紀要』(東京大学文書館)[2017年~]
      • 東京大学史料に関する研究論文を収録。 →目次
    • 東京大学史史料室ニュース』(東京大学史史料室) [1988~2014年] →『東京大学文書館ニュース』(東京大学文書館) [2014年~]
      • 東京大学史料に関する短報を収録。 →目次
  5. コレクション・その他
  6. 大学史史料を収集する学内施設
    • 東京大学総合研究博物館
      • リアルミュージアム(展示)のほかに、ディジタルミュージアムとして収蔵資料のデータベースを公開。

東京大学に在籍した人を調べたい

  1. 在学生・卒業生・教員
    • 『一覧(明治8年~昭和44-45年)』には、当該年に在籍した学生・教員・卒業生が掲載されています。詳細は「東京大学の歴史を調べたい>2. 一覧(要覧)・年報」をご参照ください。
  2. 卒業生
  3. 前身校の在席者等
    前身校の変遷・名称変更については「東京大学の歴史 沿革略図」 が参考になります
    • 『書生寮姓名簿』
      • 昌平坂学問所の書生寮に寄宿していた「学生等」の名簿と思われるもの。弘化三(1846)年から慶応元(1865)年まで。
      • 史料編纂所図書室所蔵(写本 4126-24)
        所蔵史料目録データベース検索結果からデジタルイメージ閲覧可。
    • 昌平大学同窓名簿
    • 「貢進生一覧表」
      • 貢進生 : 幕末維新期のエリート』唐澤富太郎著(ぎょうせい,1974)所収。
        明治3年、各藩から大学南校に推薦された学生の名簿。「「この一覧表は『東京帝国大学五十年史』上巻掲載の「明治四年正月二十二日改」とある貢進舎生名簿に載せられた三百十人に、国立公文書館所蔵の『太政類典』などの筆書き原資料によって訂正増加して作成した」とあり。

東京大学の戦前の入試問題を知りたい

  1. 戦前の入試問題
  2. 戦後の入試問題
    • 國立大學入試案内』東京大学新聞社編・発行
    • 『全国大学入試問題正解』 旺文社編
      • 本学では所蔵せず。
      • 国立国会図書館では昭和25年度版より所蔵あり。NDL ONLINEで検索可。
      • もしくはCiNii Books等を参照。
    • 東京大学新聞』東京大学新聞社
      • 例年3月下旬頃当年の入試問題を掲載。
        昭和42年3月にはじめて「特集・東大入試解答号」を発行(ただし昭和43、44年は掲載なし。昭和45年は掲載あり)。
      • 総合図書館では新聞原紙を1ヶ月のみ保存。
        なお、「東京大学新聞」復刻版に第1号から第857号(昭和24年〜昭和45年)まで収録あり。
    • 東京大学ウェブサイト

関東大震災時の東京大学の写真を見たい

以下の資料に震災時の被害写真があります。

中国語・韓国語の新聞を探したい

系図・家系を調べたい

以下の資料が参考になります。

  • 『増補改訂 系図文献資料総覧』丸山浩一編1992
    • 系譜、姓氏、苗字に関する史料・文献を収録。
    • 基本史料としての国書や系図基本史料の解説、参考文献、雑誌論文、国内各地の系図文献を網羅。
    • 巻末には「主要姓氏索引」「書目索引」「主要収録雑誌一覧」を付す。
  • 『和漢三才図会』巻9官位部
    • 大阪の医師寺島良安(尚順)が編集した、正徳3(1713)年刊行の図説百科事典。
    • 巻9官位部に姓氏・官位の項目があり官位解説や姓氏関連の用語の解説がある。
  • 『古事類苑』姓名部
    • 明治28年から大正3年に刊行された官選大百科事典。
    • 「姓名部」は、姓氏、苗字・称号、譜牒・家格、家紋などの各項目ごとに、引用資料をあげて解説。姓氏に関する基本的文献を集めている。
  • 『日本系譜総覧』日置昌一著 1973
    • 皇室、諸家、諸道諸芸(仏教、国学、書道、能楽、武芸、絵画、工芸、俳優等)の多種多数の系図を収録。
    • 巻末には「公家一覧」、「大名一覧」などの資料を付す。
  • 『日本史諸家系図人名辞典』小和田哲男監修 2003
    • 古代から幕末・明治までの天皇家・親王家・豪族・公家・武家の姓氏家名401について、由来、系図、著名人名解説、参考文献、家紋、史跡ガイド等を収録。
  • 『角川日本姓氏歴史人物大辞典』1989-
    • 都道府県別に現在刊行中の辞典。各県の代表的な人名辞典と姓氏一覧を収録。
  • 『姓氏家系歴史伝説大事典』志村有弘編 2003
    • 日本の主要姓氏約4000氏を収録。ある姓氏の発祥・分布・家紋だけでなく、その一族の歴史・伝説・著名人についても解説。
  • 『日本姓氏大辞典』丹羽基二、日本ユニバック 1985
    • 表音編、表記編、解説編の3冊からなる。約13万の苗字を収録。
  • 『新家系図集成』(1)~(5) 本多修 2003-2005
    • 源氏から現代に至るまでの著名人の系図を収集。(2)は女系尊重系図、(3)は女性重視の系図を収録。

基本資料として以下のようなものもあります。

  • 『群書系図部集』全7冊 昭和48(1973)年、普及版(1985)
    • 『群書類従系譜部』『続群書類従系図部』を収める。『正続群書類従』に収録された各系図は、『諸家系図』を底本とし、そのほか諸家伝来の系図を広く収集して校合したもの。
  • 「尊卑分脉」
  • 『系図総覧』1915 (総合図・書庫 H20:350)
    • 「諸家系図纂」と東京大学史料編纂所収集の諸系図により帝系図と諸家系図150余種を収録。
  • 『寛永諸家系圖傳』
    • 江戸幕府が1641(寛永18)年から1643(寛永20)年にかけて編纂した大名、旗本諸家1400余家の系譜集。
      内容は清和源氏、平氏、藤原氏、諸氏の4部からなり、医者、同朋、茶道を巻末に付す。諸家の系譜、家紋を文章で明記。
  • 『斷家譜』1968-1969 続群書類従完成会 (総合図・東3F別置 288.2:Ta11) 
    • 慶長から文化までの約200年の間に廃絶した幕臣役880家の系図をまとめたもの。
  • 『武鑑』 
    • 江戸時代に出版された武家の名鑑。諸大名(「大名武鑑」、「旗本武鑑」)と、幕府の諸役人、諸職人(「御役武鑑」)からなる。
      内容は、本姓、本国、系図、姓名、家紋などを示し、武家社会の研究には欠かせない史料のひとつである。
    • 総合図書館 鴎外文庫の『武鑑』
      • 総合図書館鴎外文庫には、熱心な『武鑑』収集家であった森鴎外のコレクションがある。
        現存最古といわれる鴎外考証による『明暦武鑑』を始め、総合図書館 書庫コレクション室に収集されている。
    • 史料編纂所野村家本の『武鑑』
      • 森鴎外と並ぶ熱心な収集家であった、野村胡堂の『武鑑』コレクション。(特殊蒐書:「野村家本」のうち)。
        データベース未登録のため、冊子目録『野村長一氏所蔵本受贈目録』(請求記号:RS6400-1)を参照。 「野村家本」以外の『武鑑』はOPACで検索可能。
    • 『大武鑑』改訂版 橋本博編 全6冊昭和15(1940)年
      • 『武鑑』を集大成し昭和8年~11年にかけて刊行。昭和15年に改訂。
        収録されている武鑑は、天正18(1590)年より明治2年までの各種武鑑。

東京大学の博士論文を閲覧したい

  • 検索方法
  • 閲覧方法
    • 旧学位制度および新制の1959年以前の博士論文は、国立国会図書館で一部所蔵されています。
    • 新制の課程博士(甲)の論文は、各研究科で保存されています。
    • 新制の論文博士(乙)の論文は、総合図書館で1959年以降の東大全学分を所蔵しています。
      =>館外保管中です。「学位論文(論文博士)の利用について」をご覧ください。(2014-03-20)
      • 複写は著者の許諾がある場合を除き、一部分のみ可能です。書庫カウンターへお申し込みください。
      • 館外への貸出は行っておりません。

森鴎外の原稿を探している

  • 総合図書館の森鴎外文庫について
    • 総合図書館では、鴎外文庫として森鴎外の蔵書を所蔵しています。和洋併せて約18,000冊にのぼる蔵書で、伝記、歴史、武鑑、江戸古地図、西欧文学書、オペラのプログラムなど鴎外が収集した多岐にわたる資料が揃っています。このうち、鴎外自身の書き込み本は貴重書として保存され、その他にも『武鑑』などの貴重な資料は貴重書室、コレクション室に保存されています。その他に一般書として多くの資料が分類別に書庫に備えられています。
    • しかし、一部の自筆資料を除いては、原稿そのものは所蔵しておりません。
    • 総合図書館のカード目録または東京大学OPACで検索できます。OPACでは「詳細検索」の「文庫区分」項目で「鴎外文庫」を選択してください。
    • 冊子版の目録は『鴎外文庫目録 和漢書之部』『鴎外文庫目録 洋書之部』がありますので、職員にお申し出ください。
  • 鴎外の遺品を所蔵する機関
    • 文京区に平成24年(2012年)11月に森鴎外記念館が誕生しました。
      鴎外の旧居「観潮楼」跡地に位置する、かつての文京区立鴎外記念本郷図書館、本郷図書館鴎外記念室の資料を引き継いだ施設です。
    • 過去に出版された目録には以下のようなものがあります。

東京大学の修士論文・卒業論文を閲覧したい

  • 修士論文・卒業論文は、総合図書館では所蔵しておりません。
  • 学位論文の所蔵と利用案内」を参照のうえ、該当する部局図書館(室)へ おたずねください。

お雇い外国人について調べたい

幕末・明治の日本で、政府・民間を問わず各機関や個人に雇われた「お雇い外国人」を調べるには、以下の資料を参照してください。

  • 人名辞典等参考図書・参考文献
  • 基本資料・史料
    • 資料御雇外国人
      • ユネスコ東アジア文化研究センターによる明治初期の御雇い外国人の活動状況調査をまとめた資料。
      • この調査では、外務省外交史料館、総理府、東京大学、北海道庁などに所蔵されている基本史料をマイクロフィルムに撮影し、その記録を各御雇い外国人ごとに事項を整理した。
      • 調査結果である「お雇い外国人名鑑」を付す。
        「お雇い外国人名鑑」には、明治元(1868)年から明治22(1889)年までに日本の公的機関または個人によって雇用された外国籍の人々を収録する。
        名鑑には、人物研究のための基本史料(外務省記録、太政類典、公文類聚、東京大学関係雇外国人教師書類)を示す。
      • 巻末に人物ごとの参考文献を付す。
      • 基本史料のうち、「東京大学関係雇外国人教師書類」はマイクロ化されており,『御雇外国人教師関係書類』として総合図書館マイクロ室所蔵。(下記参照)
    • 御雇外国人教師関係書類
      • 明治初期から昭和戦前期までの御雇外国人教師に関する東京大学の事務文書。原本は、東京大学事務部所蔵。
      • コレクション目録コーナーにプリント版(抜粋)あり
      • 上記『資料御雇外国人』参照
      • マイクロガイド参照
    • 傭外国人教師・講師履歴書 / 東京大学事務局庶務部人事課[編]』(稿本)
      • 明治2年~昭和41年までに東京大学雇用したお雇い外国人教師の履歴書(ゼロックス版)
      • 欧文索引を付す。
    • List of the professors engaged in Tokio-Daigaku beginning from the year 1870
      • 明治3(1870)年以降(1900年以前頃まで.発行年不明)の東京大学御雇外国人教師契約書(原本)
    • お雇い外国人 1-17』1968-1976 鹿島研究所出版会
      • 全17巻の内容は、以下の通りに分かれ,それぞれに分野で活躍したお雇い外国人を紹介する。
      • 1概説、2産業、3自然科学、4交通、5教育・宗教、6軍事、7通信、8金融・財政、9医学、10音楽、11政治・法制、12外交、13開拓、14地方文化、15建築・土木、16美術、17人文科学
    • 英学史の周辺』手塚竜麿著 1968 吾妻書房
      • 明治初期来日外国人の業績と遺跡をめぐるエッセイ。英米人が多い。
      • この資料で取り上げた主な外国人には次の人々がいる。
      • モース、コンドル、ダイヴァース、フェノロサ、イーストレーク、ビアード、バートン、 パーマ、ロイド、デニソン、ベイティ、エドウィン・ダン、チャールズ・ガースト、 ウォルシュ兄弟、フランク・ロイド・ライト、フレドリック・ストレンジ、 テオドール・フォン・レルヒ、エドワード・クラーク、ジョージ・リーランド、 ウォルター・ウェストン、ショー、ブリンクリー親子、ジョン・ロレンス、 ハーン、クラーク、グリフィス、ブラキストン・ライン、ウィリアムズ、など。
  • その他 (特に東京大学に関わったお雇い外国人教師を探すには)
    • 上記[基本資料・史料]の1-5
    • 「外国人教師・講師一覧(東京大学 明治2(1869)年~昭和52(1977)年」
    • 「外国人教師申報収録一覧」
      • 所収:『東京大学物語 : まだ君が若かったころ / 中野実著』 p.88-108
        「申報」とは外国人教師の教育実践記録。担当学年、教授科目、授業日数,テキスト、教育内容等を収録する貴重な史料である。
        「外国人教師申報収録一覧」は、「申報」が収録された『東京大学年報』の教師別の表である。
    • お雇い外国人展 –著作・記録に見るお雇い外国人の足跡(東京大学附属図書館マルチメディア展示)
      =>特設ページ
      • 東京大学に関わったお雇い外国人を史料と共に紹介する。
        「お雇い外国人教師の周辺」、「お雇い外国人の胸像」、「参考文献」のページ有
    • 肖像を探すには・・
      東京大学百年史』、『博士の肖像目次および本文(総合研究博物館)等が参考になります。その他、FAQの「東京大学の歴史を調べる」で、参考になる資料をお探しください。

『国書総目録』に「東大所蔵」とある資料はどこにありますか?

『国書総目録』に収録されている東京大学の図書館・文庫は以下の通りです。

所蔵表示 所蔵図書館 検索方法 利用方法
東大 図書館・室の
特定がない
OPAC
総合図書館カード目録
総合カウンター
または所蔵図書館・室
東大鶚軒 総合図書館
鶚軒文庫
OPAC
総合図書館カード目録
東京大学総合図書館古医学書目録
総合カウンター
東大霞亭

総合図書館
霞亭文庫(貴)

OPAC
霞亭文庫目録
総合カウンター
東大洒竹 総合図書館
洒竹文庫(貴)
連歌俳諧書目録 総合カウンター
東大竹冷 総合図書館
竹冷文庫(貴)
連歌俳諧書目録 総合カウンター
東大知十 総合図書館
知十文庫(貴)
連歌俳諧書目録 総合カウンター
東大教養 駒場図書館 OPAC
総合図書館カード目録
駒場図書館へ問い合わせ
駒場図書館
東大史料 史料編纂所 史料編纂所所蔵史料データベース
総合図書館カード目録
史料編纂所へ問い合わせ
史料編纂所
東大本居 文学部本居文庫 OPAC
総合図書館カード目録
文学部図書室へ問い合わせ
文学部図書室
  • カード目録は著者名(特定の著者名がない場合は書名)のアルファベット順で引きます。
  • (貴)と表示されているものは貴重図書です。
    • 原本の利用には、事前にお申し込みが必要です。 => 貴重図書
    • できるだけ、マイクロ版のご利用をお願いしています。=> マイクロ資料
    • 霞亭文庫は電子版を公開しています。 => 電子版霞亭文庫

終戦(1945年)前後の東京の地図を見たい

総合図書館では以下の資料があります。

  • 明治前期・昭和前期東京都市地図 / 清水靖夫編 ; 貝塚爽平監修』
    • 1: 東京東部. 2: 東京北部. 3: 東京南部. 4: 東京西部
      ある地域(例えば日本橋)の様子を明治前期から昭和前期(1945年ごろ)までの地図を順を追って見ることができる。
  • 中央区沿革図集 / 東京都中央区立京橋図書館編』
    • 月島編、日本橋編、京橋編
      昭和年代の火保図(火災保険特殊地図:住宅地図並に詳しい)等詳しい地図あり

その他、都立中央図書館東京室では、1枚ものの地図(明治~戦前の区別の詳細地図)や 住宅地図、火保図等を所蔵しています。

地域の図書館の郷土史料室などは、古い地図もよく保存している場合があります。 調査対象地域の市区町村立図書館、都道府県立図書館などへお尋ねください。

総合図書館に帝政ロシアの最初の国勢調査(原本)があると聞きましたが利用できますか?

明治期の博士論文を閲覧したい

学位令は明治20年に公布されました。学位は博士・大博士とし、授与権者は文部大臣でした。東京大学(当時は帝国大学)が初めて博士号を授与したのは明治21年5月です。

国立国会図書館(関西館)では、関東大震災(大正12(1937)年)以後の全国の大学の博士論文を所蔵していますが、 それ以前は所蔵していません。論文著者の卒業した個々の大学図書館等に問い合わせて所蔵を確認することになります。

東京大学の論文についても、以下の索引を参照して、閲覧したい論文の著者が当時所属していた部局の図書館に所蔵をお問い合わせください。

  • 大日本博士録 1-5巻(明治21(1888)~大正9(1920))」
    第1巻(法・薬)、第2-4巻(医)、第5巻(工)
    学位授与大学、授与日、出身地、学歴及び経歴、学位、論文名、著書・業績、家族構成などを記載。英文併記。
    多くは論文要旨を記載しており、全文が入手できない際にも役に立ちます。
  • 日本博士録 1-9巻(明治21~昭和37年)」
    学位授与大学、授与日、出身地、論文名を記載。
  • 日本医学博士録(明治21年~昭和28年)(附・主要論文総索引)」
    学位授与月日・大学名・論文名記載有。主要論文総索引有。

学術雑誌の省略にはどんな省略法がありますか?

  • ISO/TC46
    国際標準機構(ISO)の第46専門委員会 「情報とドキュメンテーション」に制定されています。
    • 規格番号 ISO 4:1997 Information and documentation -- Rules for the abbreviation of title words and titles of publications
      (情報およびドキュメンテーション~表題語句の短縮規則及び出版物の表題)
    • 規格の閲覧は、 日本規格協会ライブラリで可能です。以下のページをご参照ください。
      ライブラリのご案内|日本規格協会
    • また、日本規格協会のJSA Web Store から検索し購入も可能です。
      JSA Webdesk
       
  • その他の省略法
    • ISO規格は1971年に制定されましたが、それ以前はUNESCOが発行するWorld list of social science periodicalsの省略法が広く採用されていました。
    • また、各分野の索引誌(データベース)により、省略法が定められていて、その分野の標準になっていることが多く(医学ではMEDLINE/PubMed、化学ではChem. Abst.など)、世界中の雑誌が一致した省略法をとるには至っていません。
    • 各分野の省略法を集めたページがありますので、以下をご参照ください。
      Abbreviations.com
       
  • 参考文献

他大学の博士論文を閲覧したい

| 国内の博士論文 |

  • 国立国会図書館関西館で、関東大震災以後の全国の大学の博士論文を網羅的に収集しています。ただし漏れもあります。
  • 各大学の機関リポジトリで、博士論文の全文や要旨が公開されている場合があります。
    • 検索方法
      • CiNii Dissertations
        約60万件の国内博士論文について一元的に検索できます。 博士論文本文がデジタル化・公開されていれば、リンクをたどり本文を利用できます。
      • JAIRO
        国内機関リポジトリの横断検索が可能です。資料種別を博士論文に限定したり、大学を絞り込んで検索したりすることができます。
         
  • 以下の各大学の、博士論文の要旨(『学位論文内容及び審査の要旨』『学位論文審査要旨』)を総合図書館で所蔵しています。
  • 博士論文索引(冊子版)
    • 大日本博士録 1-5巻(明治21(1888)~大正9(1920))』
      第1巻(法・薬)、第2-4巻(医)、第5巻(工)
      学位授与大学、授与日、出身地、学歴及び経歴、学位、論文名、著書・業績、家族構成などを記載。多くは論文要旨を記載。また英文併記。
    • 日本博士録 1-9巻(明治21~昭和37年)』
      学位授与大学、授与日、出身地、論文名を記載。
    • 日本医学博士録(明治21年~昭和28年)(附・主要論文総索引)』
      学位授与月日・大学名・論文名記載有。主要論文総索引有。
    • 日本博士学位論文索引 1977-1981 工学、歯・保健・薬、人文社会、農・獣・水産、理学』

| 海外の博士論文 |

  • ProQuest Dissertations & Theses Global 収録分
    1743年以降の北米・ヨーロッパの博士論文と修士論文の書誌索引を収録する学位論文データベース。1980年以降の博士論文、1988年以降の修士論文は抄録付き、1997年以降の論文(一部)は、冒頭の24ページの閲覧が可能。
    原文献は下記代理店を通して購入する(有料)。
    • 丸善雄松堂書店学位論文センター
    • 株式会社サンメディアDissertation Express
       
  • 国立国会図書館で、海外の博士論文を一部収集しています。主に関西館で所蔵されています。
    • 検索方法
      • 国立国会図書館オンライン
        北米の大学の博士論文は、「規格・テクニカルリポート類」を指定して、Dissertation ExpressのOrder No.を使用して検索します。
        MIT(マサチューセッツ工科大学)、Caltech(カリフォルニア工科大学)、欧州各国の科学技術分野の博士論文は、「詳細検索」で博士論文に限定して検索できます。
    • 利用方法
      • 個人で国立国会図書館の利用者登録を行えば、東京本館に取り寄せるか関西館を訪問するかして閲覧可能
      • ILL(図書館間貸出=東京大学への取り寄せ)は不可
      • 著者の許諾なしでの複写は一部分のみ
         
  • 東京大学総合図書館で、大型コレクションとして購入した(昭和62年度)ものがあります。
    • 所蔵内訳
      • 英米文学関係学位論文集(2127冊)
      • 国際法・国際関係論学位論文集(2213冊)
      • 成人教育関係学位論文集1981-1986(1115冊)
    • 検索方法
      • 個々の論文は東京大学OPACで検索可能
      • コレクション目録コーナーに冊子目録あり

明治期の留学生について知りたい

以下の資料が参考になります。

その他、以下の機関では基礎資料を所蔵しています。

  • 外交史料館
    • 「航海人明細簿」「航海人明細鑑」等の資料を所蔵。レファレンスにも応じている。
  • 国立公文書館
    • 「公文録」「太政類典」「官吏進退」「任免」等の資料を所蔵。レファレンスにも応じている。

図書館の利用に関する質問

新聞の縮刷版はありますか?

検索結果からの探し方について

  • 検索結果からチェック(メモ)するのは、所在場所請求記号です。
    開架・書庫共に資料は請求記号の順番に並んでいます。
  • 開架の図書については、だれかが借りていれば「貸出中」の表示が出ます。
    利用証をお持ちの方は、MyOPACにログインして目的の図書を再検索すれば、予約が可能です。

書庫の本の利用について

  • 東京大学の学生(聴講生、研究生等を含む)・教職員・名誉教授・元教員は、入庫が可能です。
  • それ以外の利用者の方は、書庫カウンターへお申し出ください。
  • 詳しくは、書庫資料のページをご覧ください。

開架の本が棚に見つからない

  • 貸出中以外で見つからない場合、下記のような間違いがよくあります。チェックしてください。
    • 洋書の場合:総合図書館は和書/洋書は別置です。洋書は2階(参考図書は3階大階段周りの広場)に請求記号順に並んでいます。
    • 大型図書の場合:大型図書として各階壁棚などに別置されているものがあります。OPACのコメント欄を確認してください。
    • 留学生図書の場合:2階に別置されています。
    • 岩波文庫の場合:3階大閲覧室に別置されています。
  • 詳しくは、フロアマップのページをご覧ください。

予約するには?

  • 予約できる資料は、貸出中の図書です。
  • MyOPACにより自分で予約することができます。

部局図書館・室の資料の利用について

  • 東京大学には約30の図書館・室があります。それぞれの図書館・室の利用条件をよくお確かめのうえご利用ください。
    =>図書館一覧

貴重な資料もコピーできますか?

  • 以下の資料は利用者自らによるコピー(電子複写)を禁じています。
    • 貴重書
    • 1900年以前発行の資料
    • 和装本
    • 状態の悪い資料
    これらの資料については、当館委託業者による上向き複写またはマイクロ撮影が可能です。書庫カウンターへお申し出ください。

パソコンの利用について

  • 館内のパソコンの利用、あるいはパソコンの持ち込みについては、施設の利用方法のページをご覧ください。

他大学の図書館を利用したいのですが

出版・放送・展示等のための資料の利用について

  • 総合図書館所蔵資料の出版物等への掲載、または放送、展示への出陳を希望する場合は、「特別利用許可願」が必要です。
    詳しくは、資料の掲載・放送・出版のページをご覧ください。

カード目録はどんな時に使うのか

  • 東京大学では1985年まで各図書館室において、カード目録が作成されていました。総合図書館だけでなく部局図書館室の目録も入っています。
    現在ではOPACへの遡及入力を行い、古い資料でもOPACで検索できるものも増えていますが、 OPACを探して見つからない1985年以前の資料は、必ずカード目録も検索してください。特に『国書総目録』などに“東大所蔵”と明記された古典籍などは、必ずカード目録をひいてください。
  • カード目録は、著者名順(和・洋ともアルファベット順)に並んでいます。
  • 著者が不明なときはあらかじめ著者を調べてから検索します。
  • 特定の著者がない資料は、そのまま書名でひいてください。

総合図書館への図書購入希望について(学内者のみ、雑誌・データベースは除く)

  • 必要な本が総合図書館に無い場合、購入のリクエストをすることができます。
    リクエストがあった本は、総合図書館の選定基準(購入対象は学習のための基本図書です。資格試験の参考書や問題集等は対象外です)にあったものを購入します。
  • 以下のいずれかの方法でリクエストできます。
    • MyOPACにログインして「図書購入リクエスト」メニューから手続き
    • MyOPACにログインしてから資料名を検索し、資料詳細画面の左側にある「リクエスト」ボタンから手続き
  • 選定基準については、「総合図書館へ購入希望された図書の購入可否について」(PDF)をご参照ください。
  • お問い合わせ先
    選書受入係
    TEL:03-5841-2629、2626
    Email:sen@lib.u-tokyo.ac.jp

総合図書館の見学はできますか?

建物見学についてのページをご覧ください。