図書系職員の仕事内容

大学等の図書館、図書室等を管理・運営し、資料や情報、または環境を提供することで、それらの学習・教育・研究活動を支援することが主な仕事です。

図書館で扱う「資料」とは?
図書、雑誌、新聞、パンフレットなど、紙の媒体はもちろん、磁気テープ、光ディスクなど形態もさまざまです。さらに現在では、電子ジャーナル、電子ブック、オンラインデータベース等の電子コンテンツの比重が大きくなってきています。

主な業務内容

  • 資料の選定、発注、契約、受入
  • 目録(カタログ)データ作成
  • 資料の装備、製本、修理
  • 資料の登録及び資産管理
  • 閲覧、貸出、複写のサポート
  • 他図書館所蔵資料の利用のサポート
  • 他大学等への資料の貸出・複写サービス
  • レファレンスサービス
  • リテラシー教育
  • 業務用システムの管理
  • 学内の学術情報(論文、講義の教材等)の発信
  • 貴重資料等の電子化・公開

先輩職員の声


<試験についての問い合わせ先>
 関東甲信越地区図書系専門試験実施委員会
 代表 東京大学附属図書館 (総務課庶務係)
 TEL: 03-5841-2603