総合図書館所蔵大型資料3点の公開について

 総合図書館所蔵の大型資料「阿蘭陀加比丹並妻子等之図(おらんだかぴたんならびにさいしらのず)」、伊能忠敬「測地原稿図」、「南贍部洲大日本国正統図(なんせんぶしゅうだいにほんこくしょうとうず)」の3点を公開しました。

2020年7月29日

 総合図書館では、2019年度のデジタルアーカイブズ構築事業により、「大型資料」のデジタル化を実施し、メタデータの整備が完了した3点を公開しました。公開データは利用目的を問わず、特段の手続きなくご利用いただけます。是非ご活用ください。

 

阿蘭陀加比丹並妻子等之図
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/orandakapitan/page/home

測地原稿図
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/sokuchigenkozu/page/home

南贍部洲大日本国正統図
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/nansembushu/page/home

 

 「阿蘭陀加比丹並妻子等之図」は、1817(文化14)年に出島オランダ商館に赴任した商館長ヤン・コック・ブロムホフ一家を描いた絵画作品です。外部資金による2カ年をかけた修復が完了し、最良のコンディションでデジタル化しました。

 「測地原稿図」は19世紀はじめに伊能忠敬(1745-1818)により行われた測量の結果を記した下図で、「伊能図」とも言われる資料群です。伊能忠敬による測量、地図作成を知る上で非常に重要な資料群と位置付けられています。

 「南贍部洲大日本国正統図」は国内で印刷された日本国図としては最も古いものの一つと言われる、古式の日本地図です。

 

【お問い合わせ先】
東京大学総合図書館 情報サービス課 参考調査係
sanko@lib.u-tokyo.ac.jp