ピラネージ画像データベース 拡張版の公開について

ピラネージ画像データベースに豊富な機能が追加されました

                                    2020年7月22日

 

当館所蔵の貴重図書『ピラネージ版画集』(亀井文庫)を全点デジタル化した「ピラネージ画像データベース」は、特別推進研究(COE)「象形文化の継承と創成に関する研究」(1999-2003年度)により構築され、総合図書館ではそれを引き継ぐかたちで、2019年9月にリニューアル公開を行いました。
参考:2019年公開のピラネージ画像データベース(シンプル版)

そしてこの度、COEに携わられていた多くの方の協力により、公開当初に提供されていた機能を全て搭載した「ピラネージ画像データベース 拡張版」を公開しました。
この「拡張版」で加わった主な機能やデータは次のとおりです。
(1)ローマ地図、地名からの検索
https://piranesi.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/mapsearch
ローマ古代と現代の地図を重ね合わせ、版画に記載されている遺構の位置を地図上にマッピングしています。また一部の作品では、描かれた遺構を同じ角度から撮影した現代の写真も見ることができます。

 

(2)主題別の検索
https://piranesi.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/subject
カテゴリー別リストから画像を検索できます

(3)コンコーダンス表、碑文情報の提供(画面左上のメニューから利用できます)
「コンコーダンス表」では、亀井文庫の作品番号やピラネージ関連展示会のカタログ番号の対応を一覧することができます。また「碑文」では、版画内に描かれた碑文をクローズアップして参照することができます。

この他にも、検索結果表示の機能追加や日本語・英語ページの作成などに加え、「同じアングルからの版画と写真」ではIIIF(トリプルアイエフ)機能を用い、「Mirador で比較する」ボタン1クリックで画像を並べられるようになっています。


【公開サイトの情報】
 公開サイト名:ピラネージ画像データベース(拡張版)

 アクセス方法1:以下のURLへアクセスしてください
 https://piranesi.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/
 アクセス方法2:東京大学附属図書館ウェブサイトからもアクセスできます
 https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/
  → 附属図書館ウェブサイトの「コレクション」 をクリック
  →ピラネージ画像データベース(拡張版) をクリック


  • ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ(Giovanni Battista Piranesi, 1720-1778)の生誕300年にあたる今年、「ピラネージ画像データベース」が新たによみがえりました。どうぞご利用ください。
  • 本サイトは「シンプル版」(2019年公開)が提供する機能を全て包含していますので、データベース利用時はこちらの「拡張版」を利用されることをお勧めします。

【お問い合わせ先】
 東京大学総合図書館 情報サービス課 参考調査係
 sanko@lib.u-tokyo.ac.jp