【開催記録】理学図書館ミニ展示2023

理学図書館では館内で不定期にミニ展示を開催し、多様な所蔵資料の中から何点かを展示・ご紹介しています。


■ 大震災と地震学(2023年7月18日~10月30日)

2023年は、1923年に発生した関東大震災から100年の節目に当たります。
日本での震災研究のはじまりは、明治後期に日本に滞在した外国人の先導によるものだといわれています。大地震が起こるたびに調査・報告がなされ、メカニズムの解析や予防策の研究が進められてきました。

本展示では展示期間を第Ⅰ期・第Ⅱ期に分け、当館で所蔵する多くの資料をご覧いただきました。
展示前半の第Ⅰ期は、横浜地震(1880年)、濃尾地震(1891年)を中心とした報告書や論文などを展示し、後半の第Ⅱ期では関東大震災(1923年)以降の研究に焦点を当てました。

【 第Ⅰ期 】

  • 期間:2023年7月18日(火)~ 8月30日(水) ※閉館日を除く
  • 場所:理学図書館(理学部1号館東棟)3階カウンター横
  • 展示資料リスト(PDF)

【 第Ⅱ期 】

  • 期間:2023年9月1日(金)~ 10月30日(月) ※閉館日を除く
  • 場所:理学図書館(理学部1号館東棟)3階カウンター横
  • 展示資料リスト(PDF)

■ プラネタリウム誕生100年(2023年11月1日~12月8日)

★ 開催中 ★

(最終更新:2023年11月2日)
mini exhibition