学外の方


資料の掲載・放送・出陳

※2019年6月より一部手続・利用条件を変更いたしました。申請したことのある方もご確認ください。

総合図書館が所蔵する資料の利用(下記「対象範囲」に含まれるもの)には、事前申請が必要な場合があります。

  • 資料そのものや、複製物(館内指定業者に複写・撮影を依頼したもの、利用者の方ご自身で複写・撮影したもの)を利用する
    • 事前申請が必要です。当ページをご確認ください。
  • 総合図書館がインターネット上に公開するデジタル画像を利用する
    • 画像データ等の利用条件に記載のあるデータベースで公開している画像は、申請不要です。
    • 国文学研究資料館のデータベース(館蔵和古書目録データベース/新日本古典籍総合データベース)で公開している画像も、申請不要です。
    • その他の画像は、画像公開サイトの案内(「利用条件」等)をご確認ください。

申請の前に

  • 許可証の発行には通常約1週間かかります。余裕を持って申請してください。
  • 総合図書館所蔵資料特別利用取扱要項(PDF)で利用条件をご確認ください。
  • 資料の請求記号は東京大学OPACで検索してください。古い資料など、OPACで検索できない場合はお問い合わせください。
  • 本学ではセキュリティ対策のため、MS Word形式の添付ファイルを受信できません。電子メールで申請する場合は、rtf(リッチテキストフォーマット)またはPDF形式でお送りください。

対象範囲

申請先・お問い合わせ先

東京大学総合図書館 参考調査係
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
E-mail: sanko@lib.u-tokyo.ac.jp

掲載出版・放送・パネル展示・Webサイトへの掲載

  1. 申請
    下記の書類等をメールまたは郵送で提出してください。
    • 特別利用申請書(PDF
      • 複数の形式で利用する場合(資料の画像を論文に掲載し、かつ論文をWeb公開する場合など)は、1枚にまとめて提出してください。
      • 申請者は、制作会社等ではなく出版権者としてください。ただし、自費出版の場合は著作権者が申請可能です。
      • 機関印・社印を押印してください。個人による申請の場合は、個人印を押印してください。
    • 該当画像またはページの写し(コピー)
      • 使用する画像、または該当画像が掲載されたページ
      • 画像は当館が指定した方法で入手してください。(館内指定業者または申請者本人による複写・撮影)
      • 動画の撮影はできません。
    • 企画書(放送、パネル展示の場合)
    • 返信用封筒(許可書原本の郵送を希望する場合のみ)
      • 返送用の切手を貼付し、宛先を記入してください。
    • 権利処理に関わる許諾文書
      • 資料の特別利用にかかる諸権利(著作権、肖像権など)の処理は、利用申請者が行ってください。
      • 著作権が切れているもの(古典籍等)は不要です。
      • 肖像写真については肖像権にもご注意ください。
  2. 許可書の発行
    • 原則として、PDFファイルをメール送付します。
    • 原本の郵送を希望する場合は、申請時に返信用封筒をお送りください。
  3. 利用条件
    • 資料の画像は、許可した目的以外に使用しないでください。
    • 出版物・映像資料等の中に、利用した資料が「東京大学総合図書館所蔵資料」であることを明示してください。また、改変した場合はその旨を併せて明示してください。
    • 当該出版物、放送の録画物等を一部寄贈してください。
    • 利用の結果生じた一切の責任は、申請者が負うこととします。

翻刻出版・復刻出版

申請が必要な場合

  • 当該資料の半分を超える部分について翻刻・復刻する場合は、申請が必要となります。
    • 当該資料の半分以下を復刻する場合は、「掲載出版」の申請をしてください。
    • 当該資料の半分以下を翻刻する場合は、「部分引用」として扱います。(申請は不要です)
  • ただし、資料の形態等によりこの限りではありません。
  1. 申請
    下記の書類等をメールまたは郵送で提出してください。
    • 特別利用申請書(PDF
      • 複数の形式で利用する場合(翻刻文を雑誌に掲載し、かつWeb公開する場合など)は、1枚にまとめて提出してください。
      • 申請者は、制作会社等ではなく出版権者としてください。ただし、自費出版の場合は著作権者が申請可能です。
      • 機関印・社印を押印してください。個人による申請の場合は、個人印を押印してください。
    • 返信用封筒(許可書原本の郵送を希望する場合のみ)
      • 返送用の切手を貼付し、宛先を記入してください。
    • 権利処理に関わる許諾文書
      • 資料の特別利用にかかる諸権利(著作権、肖像権など)の処理は、利用申請者が行ってください。
      • 著作権が切れているもの(古典籍等)は不要です。
      • 肖像写真については肖像権にもご注意ください。
  2. 許可書の発行
    • 原則として、PDFファイルをメール送付します。
    • 原本の郵送を希望する場合は、申請時に返信用封筒をお送りください。
  3. 利用条件
    • 資料を許可した目的以外に使用しないでください。
    • 出版物の中に、底本が「東京大学総合図書館所蔵資料」であることを明示してください。また、改変した場合はその旨を併せて明示してください。
    • 出版物を一部寄贈してください。
    • 利用の結果生じた一切の責任は、申請者が負うこととします。
    • 撮影を伴う利用の場合は、当館が指定した方法で撮影してください。(館内指定業者または申請者本人による撮影)
      • 撮影後、ネガフィルムまたはデジタルデータを当館に寄贈してください。画像は当館Webサイトで公開する場合があります。
    • 当館が必要と判断した場合は、出版契約を行います。

出陳

資料の展示日数

資料の展示は以下の日数以内としてください。また、借用期間はいずれも前後1週間を目安としてください。

  • 重要文化財(五十年史資料)
    • 28日以内
  • 貴重図書・準貴重図書
    • 45日以内
    • 同一ページの展示期間は28日以内
  • 褪色や劣化の危険性が高い資料
    • 75日以内
    • 同一ページの展示期間は28日以内
  • その他の図書
    • 75日以内
  1. 申請
    総合図書館所蔵資料特別利用取扱要項(PDF)を確認のうえ、下記の書類等をメールまたは郵送で提出してください。
    • 特別利用申請書(PDF
      • 資料の画像を広報で利用される場合は、必ず申請時にお申し出ください。
      • 複数の形式で利用する場合(資料を出陳し、かつ画像を図録に掲載する場合など)は、1枚にまとめて提出してください。
      • 申請者は、制作会社等ではなく主催者としてください。
      • 機関印・社印を押印してください。
    • 展示企画書・ファシリティレポート
      • 以下を記載してください。
        ただし、9.-14.については、文化財保護法第53条の規定に基づく公開承認施設承認証の写しを持って代えることができます。
        1. 展覧会名称、会期
        2. 開催の趣旨
        3. 資料を展示する会場、展示日数および借用希望期間
        4. 借用希望資料名、冊数、展示箇所
        5. 借用希望資料の展示計画図、展示方法
        6. 輸送方法および業者名
        7. 保険会社名、保険内容
        8. 展覧会の展示資料一覧
        9. 資料を展示する建物の平面図(各階ごとに全階)
        10. 資料を展示する建物の消防設備の内容説明書および消火方法
        11. 資料を展示する建物を所轄する消防署による、当該年度の消防設備等に関する意見書または証明書
        12. 資料を展示する建物の警備状況説明書(昼夜について具体的に記すこと)
        13. 資料を展示する会場および保管場所ならびに展示ケースの、空気・室温度環境の検査結果および照明器具の内容説明書
        14. 申請機関の概要を記したパンフレット類
    • 返信用封筒(許可書原本の郵送を希望する場合のみ)
      • 返送用の切手を貼付し、宛先を記入してください。
    • 権利処理に関わる許諾文書
      • 資料の特別利用にかかる諸権利(著作権、肖像権など)の処理は、利用申請者が行ってください。
      • 著作権が切れているもの(古典籍等)は不要です。
      • 肖像写真については肖像権にもご注意ください。
  2. 許可書の発行
    • 原則として、PDFファイルをメール送付します。
    • 原本の郵送を希望する場合は、申請時に返信用封筒をお送りください。
  3. 保険契約
    • 資料への保険を契約してください。
      • 貴重図書(重要文化財を含む)・準貴重図書:100万円
      • その他の図書:20万円
  4. 資料の貸出
    • 原則として、資料の輸送は美術品専用車を使用してください。
    • 事前にメール・FAX等で来館日時を確認してください。
    • 貸出時に、当館職員立ち会いのうえで資料状況調書を作成・提出していただきます。
    • 貸出時に、資料借用書および保険契約書類の写し(当館所蔵資料分のみで可)を提出してください。
  5. 資料の展示
    • 資料を許可した目的以外に使用しないでください。
    • 資料が「東京大学総合図書館所蔵資料」であることを明示してください。
    • 褪色の可能性が高い資料は、展示面の照度を50ルクス以下にしてください。
    • 事前に資料の展示方法を当館と協議してください。
  6. 資料の返却
    • 資料返却時に「資料状況調書」をもとに資料の点検を行います。
    • 万一、資料を亡失または損傷した場合は、当館の指示に従い損害を弁償していただきます。
  7. 資料の撮影
    • 図録作成のため、資料の撮影をご希望の場合はお早めにご相談ください。
    • 館内指定業者に撮影を申し込むと、画像入手まで2か月以上かかる場合があります。