防音ブースの利用方法

防音ブースは、個人での発声を伴う学習・研究及び教育活動に利用できます。(語学の学習やオンラインでの研究会への参加など)

設備

  • 全4部屋
    • うち1部屋(ブースNo.1)はバリアフリー対応
  • 各部屋に備え付けPC(ECCS端末)あり
    • zoomはブラウザでご利用いただけます
  • UTokyo WiFi 利用可能
  • 各部屋のPCにビデオ通話用カメラ接続済
    • マイク付きイヤホンやヘッドセットなどの音響機器はご自身でお持ちください。
  • 各部屋に備え付け二酸化炭素濃度測定器あり
    • 感染症予防対策として、換気状況確認のため設置しています(換気装置は常時作動中です)。
    • 二酸化炭素濃度が1,000ppmを超えるとアラームが鳴ります。アラームが鳴った場合は、充分な換気がされ数値が下がるまで室外でお待ちください。

利用対象

本学に在籍中かつICカード学生証/職員証をお持ちで、附属図書館の利用登録が完了している方が利用できます。

利用時間

  • 9:00-閉館時間まで
  • 1コマ(2時間)単位で利用できます。
  • 利用終了10分前の時点で次のコマに予約が入っていない場合、延長が可能です。予約フォームから新規申込時と同様に利用申込をおこなってください。

利用人数・ルール

  • 利用人数は1名です。2名以上での利用はできません。
  • 部屋が無人になってしまうことは極力避けてください。20分以上無人であると判断された場合は利用を中止してもらうことがあります。

バリアフリー対応

ブースNo.1は車椅子でも利用できる広さです。車椅子等のためNo.1利用ご希望の場合は、申し込み時にフォームの「バリアフリーの防音ブースを希望する」のチェックボックスにチェックを入れてください。

注意事項

  • 食事はできません。密封式容器の飲み物は持ち込めます。
  • 利用前・利用後に机の上・キーボード・マウスを消毒してください。​
    消毒用アルコール・ペーパータオル・ゴミ箱は廊下にあります。
  • 必ずマスクを着用したままご利用ください。(フェイスガードやフェイスシールドも不可。)

申込・予約方法

  • 利用したい場合は、専用の利用申込ページから行います。
    • 専用の利用申込ページは、MyOPACの「外部リンク」欄(総合図書館施設予約ページ)からアクセスできます。
      ※MyOPACに「外部リンク」欄がない場合は、「ヘルプメッセージ」下部の「初期設定を適用」ボタンを押してください。
  • 申し込み完了時点からシステム登録まで1分程度かかります。その後、利用申込を行った部屋をICカード学生証/職員証で開錠して利用します。その時間枠内は開錠できるようになります。
    • 再入室の際に必要となりますので、部屋を出る際は必ず利用申込を行ったICカード学生証/職員証を携帯してください。
  • 利用希望日の1週間前から利用申込(予約)をすることができます。
  • 一つの利用が終了したら、次の利用申込をすることができます。
  • キャンセルも専用の利用申込ページから行うことができます。

お問い合わせ先

「お問い合わせ」をよくご確認いただき、フォームよりご連絡ください。

防音ブース利用申込ページ

上記内容をご了承の上、MyOPACの「外部リンク」欄(総合図書館施設予約ページ)からお申し込みください。

>>MyOPAC(学生証/職員証のUTokyoAccountによるログインが必要です)