新型コロナウイルス感染症に関連する総合図書館の対応について(2021/1/18~)

2021年1月18日より、

「新型コロナウイルス感染拡大防⽌のための東京大学の活動制限指針」レベル1

に基づきサービスを実施します。

 

(最終更新日:2021年1月12日)

総合図書館における新型コロナウイルス感染症に関連する対応について、以下の通り実施いたします。

  1. 入館可能な方
  2. 開館情報
  3. 東京大学に在籍中の方の利用
  4. 東京大学に在籍していない方の利用
  5. その他
    1. お問い合わせ先
    2. 更新情報

1.入館可能な方

レベル1の期間中、感染防止の観点から入館可能な方を以下の通りといたします。なお、利用できるサービス等に制限がございます。

利用者区分 入館可否
東京大学に在籍中の方・本学名誉教授

〇 資料利用目的の場合のみ入館可能

東京大学に在籍していない方
(入館証・利用証をお持ちの方を含む)

✕ 当面の間ご利用いただけません

入館に際しての注意:
  • 資料利用目的の場合のみ入館可能です。
    閲覧席での自習やオンラインでの授業視聴等の場合はご入館いただけません。
  • ご入館の際は必ずマスクを正しく着用してください。
    ※ マスクを着用していない方はご入館いただけません。フェイスガード、マウスガードのみの方も入館できません。  
  • 以下の場合には入館をご遠慮ください。 

    • 体調が優れない場合
    • 37.5度以上の発熱が確認された場合(入館時に非接触型検温を実施)
    • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合
    • 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合

 

2.開館情報

総合図書館は2021年1月18日から本学行動制限指針レベル1の期間中、以下のスケジュールで開館します。

  本館 別館 ライブラリープラザ
平日 9:00~17:00 開館
※一部利用制限あり
閉館
土日祝日 閉館 閉館

※今後の状況により開館時間等に変更がある場合があります。最新情報は総合図書館ウェブサイトをよくご確認ください。
開館カレンダー最新版はこちら

※開館時に入館できる方や利用できるサービスに制限があります。本ページの内容をよくご確認の上、ご来館をご検討ください。

 

3.本学に在籍中の方・本学名誉教授の利用

来館してのサービス

レベル1の期間中は感染防止の観点から、本学在籍者・本学名誉教授がご利用可能なサービスを以下の通り限定させていただきます。

  サービス 利用可否
施設・設備 閲覧席 × ※資料確認等の短時間のみ可能
ECCS端末 ×
書庫への入庫 ×
コピーコーナー
ライブラリープラザ ×
資料 開架資料
自動書庫資料
書庫資料 〇 ※総合カウンターにて職員が出納
返却
予約資料の受け取り
MyOPAC文献取寄サービス
国立国会図書館デジタル資料送信サービス 〇 ※事前予約制
貴重図書 〇 ※事前予約制
マイクロ資料 〇 ※事前予約制
その他 利用登録・更新

※資料の利用は、原則貸出および短時間での複写のみ可能です。

※閲覧席は基本的に利用できません。ただし資料の内容を確認するなど短時間の資料閲覧は、1階の指定されたスペースでのみ可能とします。

※資料の複写は可能ですが、長時間の滞在を避けるために最小限の範囲でお願いします。委託業者への和漢古書等の複写申込は、当日受取希望の場合は14時までです。 

※貸出条件(冊数、期間等)は通常どおりです。

※書架に並んでいる本は、返却後24時間以上隔離したのちに並べています。所定の場所に目的の図書が見つからない場合はカウンターにてお問い合わせください。

郵送による図書館資料の貸出及び複写物提供サービス

引き続き、来館が困難な本学在籍者のために、郵送による総合図書館資料の貸出及び複写物提供サービスを実施しています。
詳しくは以下の専用ページをご確認ください。

【郵送による図書館資料の貸出及び複写物提供サービス】

なお、対応できるスタッフに限りがあるため、来館可能な方は本サービスの利用をご遠慮ください。
また、発送までに時間がかかる可能性があります。ご了承ください。

 

返却期限日・返却について

レベル1の期間中の返却期限日及び返却についての扱いは以下のとおりです。

  • 返却期限日の一括延長は行いません。
    • 通常通りの返却期限日が設定されます。
    • ご自身の借りている本の返却期限日はMyOPACからご確認ください。
  • 資料の返却は、通常どおり可能です。
  • 来館が困難な方は、総合図書館資料の郵送等による返却を受け付けます。郵送での返却方法は【こちら】のページをご確認ください。
    • 開架資料・自動書庫資料の受付が可能です。
    • 保存書庫資料の郵送返却は、資料保全の観点からできません。
  • 返却期限日が2020年6月30日以降の資料について、新型コロナウイルス感染症の影響で返却が遅れる場合は罰則を適用しないようにいたします。
    • 総合図書館カウンターに返却される場合は、返却時にお申し出ください。
      • 受付時間:平日9:00~17:00
      • 受付時間外に返却する場合は事前にお問い合わせください。
    • ブックポストや他の図書館・室に返却される場合は、返却前または返却後に本ページ最下部のお問い合わせ先までご連絡ください。
  • 延長回数の限度を超えて借り続けたい場合は、問い合わせフォームから個別にご連絡ください。

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービスについて、レベル1期間中は以下のとおり利用できます(東京大学に在籍中の方のみ)。詳しくは以下の専用ページをご確認ください。

  • ホームライブラリが総合図書館または総合研究博物館の方
  • 上記以外の本学に在籍中の方で、レベル1の間、ホームライブラリで国立国会図書館デジタル化資料送信サービスが受けられない方

【国立国会図書館デジタル化資料送信サービス利用申込(期間・対象者限定)】

 

オンライン学習、在宅研究・勤務で利用できるオンラインサービスのご案内

東京大学が契約する電子リソース(本や雑誌、新聞、データベースなど)を自宅から使う方法や、自宅学習に役立つ検索ツールや電子リソースをご紹介しています。

詳しくは「オンライン学習、在宅研究・勤務で利用できるオンラインサービスのご案内」のページをご確認ください。

 

4.本学に在籍していない方の利用

来館してのサービス

引き続きご利用いただけません。感染状況が落ち着き、利用が再開するまでお待ちくださいますようお願いいたします。

【有効期限の切れた卒業生入館証をお持ちの方へ】

現在、総合図書館は本学に在籍中の方に限定して開館しており、卒業生の方などがお持ちの附属図書館入館証は更新を受け付けられない状況です。
附属図書館入館証は有効期限が切れても更新可能ですので、受付再開まで大切に保管をいただき、お待ちいただきますようお願いいたします。

更新の際の必要書類:

  • 東京大学附属図書館入館証
  • 現住所の確認できるご身分証

他機関の図書館の方へ

他機関からの相互利用依頼(貸借・複写)の受付を行っています。

詳しくは【こちら】のページをご確認ください。

 

5.その他

a.お問い合わせ先

「お問い合わせ」をよくご確認いただき、フォームよりご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはお控えいただきますようお願いいたします。

b.更新情報

  • 2021/1/12 東京大学の行動制限レベル1に伴い、2021/1/18よりサービス内容を変更します。→ニュースはこちら
  • 2020/7/13 東京大学の行動制限レベル0.5に伴い、2020/7/14よりサービス内容を変更します。→ニュースはこちら
  • 2020/6/12 東京大学の行動制限レベル1に伴い、限定的に開館します。→ニュースはこちら
  • 2020/6/3 MyOPACからの図書購入リクエストの受付を再開しました。

>>過去の更新情報はこちら