東京帝国大学五十年史史料 (Records of 50-year History of Imperial University of Tokyo)

資料概要

『東京帝國大學五十年史』(昭和7(1932)年) 編纂にあたって収集された、東京大学の歴史に関する公文書、記録、編纂のための参考図書等。

明治初年以降の開成学校系統、医学校系統の公文書の副本類を中心としている。 明治14(1881) 年以前の資料が多く、東京大学草創期を知る上で極めて貴重な資料。

内317点が、東京大学史史料室所蔵資料とともに「東京大学史関係資料」として平成25年、重要文化財に指定された (平成25年6月19日付官報 (号外第128号) 文部科学省告示第百十五号)。

所蔵の経緯 五十年史編纂室が置かれていた総合図書館内に保管されていたもの。
形態 オリジナル
点数 282件 (469点)
所在 貴重図書、コレクション室配置資料
利用条件 コレクション室配置資料は、平日9:00~17:00 (複写申込16:30まで) にカウンターに申し込むこと。
貴重図書の利用についてはこちらをご確認ください。
目録 「東京帝国大学五十年史料」目録 [総合図・東3F別置 377.2:To46:10]
参考文献
  • 『東京帝國大學五十年史』(総合図・参考室 377.2:To46ほか)
  • 「『東京帝国大学五十年史』の編纂について」大久保利謙『東京大学史紀要』第1号 (1978) (総合図・書庫 ZK:457)
  • 「『東京帝国大学五十年史』の編纂に関する思い出」大久保利謙『学内広報』第300号 (1975) (総合図・書庫 ZK:383)
備考