• このページでは、附属図書館の年表と歴代館長をご紹介します。

東京大学附属図書館 年表

 

西暦(和暦) 取り組み等
1877(明10) 4月 東京大学創設(医・法・文学部)
10月 法・理・文三学部(一ツ橋)図書館の設置、図書館規則の制定
1881(明14) 6月 東京大学職制の改正、同時に四学部図書館規則を「東京大学図書館規則」として統合
1886(明19) 3月 「帝国大学令」公布、「東京大学図書館」を「帝国大学図書館」と改称
1892(明25) 8月 図書館新築落成
1897(明30) 6月 「帝国大学図書館」を「東京帝国大学附属図書館」と改称、「館長」職制制定
1899(明32) 2月 「図書館商議会」設置、同規程制定
1918(大7) 9月 「東京帝国大学附属図書館規則」改正。本館管理の下、部局、各教室・学科研究室にも図書を備え付け
1923(大12) 9月 関東大震災、附属図書館炎上全壊、蔵書喪失、国際連盟で復興援助の決議
1924(大13) 6月 帝国大学附属図書館協議会創設
12月 ロックフェラー財団より図書館再建資金400万円受贈
1928(昭3) 12月 新図書館完成。(12月1日を開館記念日とする)
1950(昭25) 3月 「図書館商議会」を「図書行政商議会」と改称
1961(昭36) 4月 図書館に部課制実施
5月 岸本館長「附属図書館改善計画案」発表
9月 ロックフェラー財団より図書館機能近代化資金8,400万円受贈、改装工事開始(1964年3月完了)
11月 全学総合目録の編成作業開始
1962(昭37) 10月 図書館報「図書館の窓」創刊
1963(昭38) 9月 「東京大学附属図書館基本規則」制定
「本館」を「総合図書館」と改称、附属図書館は、総合図書館と部局図書館からなることを規定
1965(昭40) 7月 総合図書館、国連の寄託図書館となる
1968(昭43) 11月 東大紛争のため総合図書館閉鎖(翌年2月まで)
1969(昭44) 3月 外国雑誌一括購入業務の開始
1982(昭57) 1月 裏田館長「東京大学総合図書館改善計画試案」発表(改修工事1984年3月 - 1987年4月)
1985(昭60) 4月 附属図書館電算化プロジェクト発足
1986(昭61) 5月 附属図書館電算化システム稼動開始
6月 OPAC(利用者用オンライン目録)サービス開始
1987(昭62) 4月 総合目録(洋書)遡及入力開始(-1990年3月:第1期)
4月 バックナンバーセンター設置
1988(昭63) 4月 共同利用図書購入費の学内措置開始
1992(平4) 4月 学術情報センターのNACSIS-ILLシステムに参加
1993(平5) 1月 UTnet(学内LAN)によるOPACサービス開始(インターネットへのOPAC公開)
3月 CD-ROMデータベース(医学部・Medline)ネットワークサービス開始
1994(平6) 3月 図書行政商議会、「東京大学附属図書館の将来像-今後の方策について-」を報告
3月 附属図書館、「東京大学附属図書館-ひろがりとつながり-」を報告
7月 大型計算機センターでのOPAC検索サービス開始(24時間サービス)
1995(平7) 9月 遡及入力10年計画開始(第II期)
10月 WWWサーバによる図書館ホームページの開設
1996(平8) 11月 CD-ROMサーバによるCurrent Contentsサービス開始
11月 東京大学学位論文論題データベースサービス開始
1997(平9) 1月 附属図書館電子化事業開始(霞亭文庫の電子化)
6月 本郷・駒場キャンパス図書館(室)間相互貸借のための集配サービス開始(16部局42図書館(室)参加)
1998(平10) 7月 図書行政商議会、「附属図書館改善計画-よりよい利用者サービスの実現をめざして-」を報告
1999(平11) 4月 大型計算機センター、教育用計算機センター、附属図書館の一部を統合し、情報基盤センター発足
10月 Webブラウザに対応したOPACシステム(Web OPAC)の公開
2000(平12) 4月 電子ジャーナル試行実験開始
10月 総合図書館開架図書の分類変更開始(2002年8月完了)
2001(平13) 3月 新図書館電子化システム(図書館業務システム)運用開始
10月 Webリクエストサービスを開始
2002(平14) 2月 多言語対応版OPACのサービス開始
10月 駒場図書館の開館
2004(平16) 2月 柏図書館の竣工
3月 「東京大学附属図書館基本規則」の新たな制定
附属図書館は、総合図書館・駒場図書館・柏図書館・部局図書館からなることを規定し、運営原則を「共働する一つのシステム」とすることを明記
5月 全学資料購入集中処理システム暫定スタート(12月より本格運用)
2005(平17) 2月 柏図書館正式開館(2004年5月より部分開館)
3月 e-DDSサービスの開始、ASKサービスの試行開始
4月 キャンパス間返却サービス開始
2006(平18) 4月 東京大学学術機関リポジトリ(UT Repository)公開
8月 ASKサービス正式運用開始
9月 MyLibraryサービス開始
2007(平19) 4月 全学共通経費による基盤的学術雑誌等整備開始
11月 UT Article Search, UT Article Linkサービス開始
2008(平20) 4月 全学学生用図書費の恒常化
10月 全学資料購入集中処理システム(第2ステージ)開始
12月 総合図書館再建80周年記念式典、記念プレート除幕式、記念講演会開催
2009(平21) 12月 総合図書館棟ポーチ外灯復元記念披露及び点灯式
12月 図書館間返送管理システム「楽返くん」が2009年度業務改善総長賞を受賞
2010(平22) 5月 キャンパスローン(資料取り寄せ)サービスの対象を拡大し、学部学生も利用可能に
2011(平23) 3月 東日本大震災により多数の図書が落下・破損し、多くの図書館・室が一時休館
3月 MyOPACサービス開始
3月 新図書館構想推進委員会が発足
2012(平24) 4月 全学共通経費による基盤的学術雑誌等整備(第Ⅱ期 平成27年度末まで)
2013(平25) 3月 新図書館建設に向けた準備工事に着手
12月 図書館引越作業効率化ツール『図書館ひっこしらくらくキット』が2013年度業務改善総長賞を受賞(平成27年度に国立大学図書館協会賞も受賞)
2014(平26) 4月 TREEサービス開始
アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門設立
12月 新図書館建設の本工事に着手
2015(平27) 4月 遡及入力10年計画第Ⅲ期開始
  12月 明治新聞雑誌文庫所蔵資料データベース『明探』が2015年度業務改革特別賞を受賞
2016(平28) 4月 全学共通経費による基盤的学術雑誌等整備(第Ⅲ期 平成32年度末まで)

 

歴代の東京大学附属図書館長

氏名 所属 任期
末岡 精一 文学部準講師 1881.8.5 -
田中 稲城 文学部準講師 1882.3.4 - 1882.7.22
谷田部 梅吉 理学士 1882.7.22 - 1883.12.11
松井 直吉 理学部教授 1883.12.13 - 1885.11
木下 廣次 法科大学教授 1886.3.9 - 1889.10.23
宮崎 道三郎 法科大学教授 1889.10.23 - 1890.3.24
田中 稲城 文科大学教授 1890.3.24 - 1893.9.6
和田 萬吉 文科大学教授 1893.11.7 - 1923.11.29
姉崎 正治 文学部教授 1923.11.29 - 1934.3.30
高柳 賢三 法学部教授 1934.3.31 - 1940.6.14
市河 三喜 文学部教授 1940.6.15 - 1946.10.4
高木 八尺 法学部教授 1946.10.5 - 1950.3.30
高木 貞二 文学部教授 1950.3.31 - 1953.4.9
末延 三次 法学部教授 1953.4.10 - 1960.3.31
岸本 英夫 文学部教授 1960.4.1 - 1964.1.25
伊藤 四十二 薬学部教授 1964.1.26 - 1969.3.31
松田 智雄 経済学部教授 1969.4.1 - 1972.3.31
今井 功 理学部教授 1972.4.1 - 1975.3.31
安藤 良雄 経済学部教授 1975.4.1 - 1978.3.31
藤原 鎮男 理学部教授 1978.4.1 - 1981.3.31
裏田 武夫 教育学部教授 1981.4.1 - 1985.3.31
山崎 弘郎 工学部教授 1985.4.1 - 1988.3.31
黒田 晴雄 理学部教授 1988.4.1 - 1991.3.31
清水 忠雄 理学部教授 1991.4.1 - 1994.3.31
開原 成允 医学部教授 1994.4.1 - 1996.3.31
六本 佳平 大学院法学政治学研究科教授 1996.4.1 - 1999.3.31
落合 卓四郎 大学院数理科学研究科教授 1999.4.1 - 2002.3.31
廣渡 清吾 副学長,
社会科学研究所教授
2002.4.1 - 2003.3.31
小宮山 宏 理事(副学長),
大学院工学系研究科教授
2003.4.1 - 2005.3.31
西郷 和彦 大学院新領域創成科学研究科教授 2005.4.1 - 2009.3.31
古田 元夫 大学院総合文化研究科教授 2009.4.1 - 2015.3.31
久留島 典子 史料編纂所教授 2015.4.1 -